プロフィール

ケ ネ ス

Author:ケ ネ ス
留学生
異国の地アメリカでの
出来事など日記に書きます

他にも
アニメ、ゲーム、実況、ニコ動
などなど更新していく予定

毎日更新は保障できませんが頑張ります
コメントなど遠慮せずどうぞ^^

↓実況マイリス






黒メイド時計
かうんた
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぬう

昨日、夜の授業を終えて帰宅する最中に起きた出来事なんだが
俺はいつも通りバス停で俺を家の前へと運んでくれるバスを待っていた。

時間が遅いせいかなかなかバスが来ない

そのうち来るだろうとベンチに座り、気楽にPSPをやりながら待っていた

しばらくすると、左の方から女が一人歩いてきた
そして、その女は俺の横に座り半泣きでこう言った

「あたし、たった今5人の男共に犯されたの」

確かにバス停から歩いて1~2分の所に小さなモーテルがある、女はその方面から歩いて来たが話が話なだけに容易に信じることができなかった。
でも、まぁアメリカならそう珍しいことでもないのかもと冷静な自分

ぶっちゃけ半泣きな上にスラング混じりなしゃべり方で彼女の言っていることが100%理解できなかった・・・

とりあえず、覚えている単語を思い出してみると

Fuck, Kill, Jail, Police, Marshal Arts

あまり浮いた話ではなさそうだ
正直、こういう類の人間はアメリカではゴロゴロしてる
普段、我々一般人はこういう人間に声を掛けられたら無視するかすばやく立ち去るのがデフォ

しかし、俺はバス停で遭遇してしまった故に逃げられなかった。
初めて彼女のような人間と会話した

彼女の外見は金髪ミドルストレート、背中にタトゥー、タバコ臭い、C~Dカップあたり

彼女は事ある毎にFuckと連呼してた
それは
犯されたという意味でのFuckと
糞っ、畜生っ!的な意味のFuckと
ごっちゃに使ってきたから区別するのがしんどかった

時折、我々の前を通り過ぎる人がいてその一人一人に彼女は枯れ果てた声で呼びかけたが誰一人として相手にしてもらえなかった

シカトされる度にギャーギャー発狂し、俺はそれをなだめていた

彼女は相当悲観的になっていた、なんといかその・・自暴自棄というか
親にも見離され、息子と娘にも逃げられ、友達もいない

今までずっと自分の体を売ってその場しのぎの毎日だったそうな
麻薬にも手を出してたらしい
人生狂うからやめとけと一言アドバイス頂いた
あんた見てりゃ分かるよって言いたかったがぐっと堪えた

たくさん思ったこと話して少し落ち着いたのか彼女は俺にいいものを見せてあげると言っていきなり自分の上着をめくり上げた

左手で上着をめくり、右手でズボンをおろし
俺にヘソピアスを見せつけてきた

だが、そんなことよりももっと大事なものが見え隠れしてた
そう彼女はノーブラだった

めくり上げた上着からチラチラ見える下乳は素晴しい物だった
不意打ちだったため興奮してしまった

誘われてんのか?とも思ったが今まで体売ってきたような方とどうこうするのは後が怖そうなので考えるのをやめた

この上着をめくり上げるポーズなんて三次でも二次でも色んな画像で見てきてるけど、リアルでやられるとこんなに破壊力があるだなんて思わなかった・・・

話の終盤で彼女は俺に一人暮らしかと聞いてきた
ルームシェアだけど説明めんどうだったからYESと答えた

そしたら、彼女は俺のアパートに住ませてくれと言ってきた
金もあるだの最新のパソコンを持ってるだの何を信じればいいのかわからないくらいに押してきた
きっと必死だったんだろう・・・

さすがに、そこまですると何か事態があらぬ方向に行ってしまいそうなので丁重にお断り

そしたら、バスが来た
彼女はバスには乗らなかった
別れ際に泣きながら「あんた本当にいい奴だね、話聞いてくれてありがとう」と言いハグをしたあと頬に熱いキッスをしてもらった

タバコ臭いキスだったがなぜか俺もちょっとうるっと来てしまった、なんでだろう


貴重な経験をした一日でした

ちなみに彼女の年齢は54歳です^^
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。